■初めての方へ

とにかく楽しめ

英語というコンテンツを加えて人生を豊かに。
誰でも英語を習得できる具体的な方法を紹介します。

 

「英語って本当に話せるようになるの?」

「勉強しているけど全く成長が感じられない」

「英語は限られた人にしか話せないし伸びない。」

そのように思っていませんか?

 

何故なら

「学生時代英語が全くわからなかった」

「これまで沢山勉強してきたのに話すことができなかった」

 

だから、英語はこれから必須と言われているけど自分には関係ないし、そもそも翻訳機が進化してどうにかしてくれる、よって英語を勉強するのは意味がないと思っている方は、ここから先読む必要はないです。

 

けれど、そんな過去の経験を跳ね返してもう一度、英語に挑戦したいという熱意が少しでもあるならば

「英語を確実に伸ばせるように」
「 英語が好きになるように」

英語であなたの人生をガラッと変える方法をお伝えします。

 

実は自分も1年前まで圧倒的英語初心者でした。

 

英語から逃げ続けた私の学生時代

 

現在、自分はオーストラリアのシドニーで英語を使ってスポーツに携わる仕事をしています。

しかし、2年前の大学を卒業するまでは、英語から逃げた学生生活を送っていました。もはや勉強から逃げていたと言った方が正しいかもしれません。

 

高校はスポーツで入学しましたし、大学も指定校で入学したので、それはそれは勉強に関して甘ったるい生活を送っていた訳です。

確かに、中高大とラグビーというスポーツにひたすら打ち込んでいたのは確かです。

ただ今考えると、実際勉強する時間はいくらでもありました。シンプルにそれを言い訳に「勉強なんていいや」と将来の事もよく考えずにスポーツをしていた口です。

 

特に英語に関しては、挑戦はしてみたいけど、時間はないし、英語なんて将来海外に行かないと使わないから後回しと決めていました。

そんな感じであったので恥ずかしいことにYourとYou’re の違いもわからないまま大学を卒業しました。ちなみに、英語は再々履修でようやく単位を獲得しています。

 

就職するか就浪するか

 

大学卒業後の王道の道が就職だと思います。

実は自分も大学4年時には周囲に流されて就職活動をしました。

しかし、希望していた業界には行くことができず、全く興味がない会社で働くか、それとも就活浪人をするかの2択で迷っていました。

何故なら、当時の自分にはそれが普通であり、そうゆうもんと考えていたからです。

そんな固定概念に縛られながら生きていました。

 

自分がなりたいものとは

 

将来についてまだ考えているときに、ある考えが自分の中でパッと浮かびました。

俺って何やりたいんだろう?
そう考えたら、少なくとも会社員には今なりたくないなという答えが出たんです。

では、何になりたいんだ?答えは、、、その時は具体的に出す事はできませんでした。笑

しかし、その代わりに挑戦したい事ならあったんです。

それが、今まで逃げ続けてきた「英語」でした。

やりたい事をやろう!人生が変わったきっかけ

 

プライドと常識を捨てた日

 

英語を学ぶにはたくさんの方法があると思います。しかし英語どころか勉強のノウハウすら知らない自分にとって日本で英語を勉強するのは非効率的だなと思い、留学について調べ始めます。

部活も4年の秋で引退でタイミング的にはバッチリだし、今まで勉強した事ない自分が英語話せたらかっこいいし,これから英語を勉強するすべての人への希望になるぞ!と思った訳ですが、そこで一つ問題がありました。

そうなると大学卒業後ニートになる。。。(休学という手段もあったのですが、馬鹿すぎてその選択肢をすっかり忘れていました。笑)

プライドと常識の登場です。

大学を卒業したのにニートって、、、社会的肩書きがなくなるという事について自分の中で何度も何度も葛藤しました。

ニートになるくらいなら、安定を求めて就職した方がいいのではないか。親は心配しないであろうか。周囲に変に思われるのではないだろうか。そんな夢物語成功する訳ないなどなど。

 

けど思ったんです。

周囲の目を気にしてまでやりたくない事をやり続ける事の方がもっとやりたくないと。

だったらニートでもフリーターでもいいから、やりたい事に挑戦し続けたいなって。自分にとってそっちの方が明らかにハッピーだったんですね。

そしてようやく自分はプライドとこれまでの常識を捨てて、やりたい事である「留学✖️英語」に挑む事を決めた訳です。

留学が自分の決断に間違いはなかったと感じさせた理由

 

ガムシャラに5ヶ月間1日10時間以上勉強し続けた結果

 

過去の英語の蓄積もなければ、自頭も良くない私の留学生活はBe動詞からスタートしました。

途中、ストレスで円毛脱毛症ができたり過呼吸になったりしましたが、なんとか乗り越えて自信を持って英語が話せるようになった訳です。

もちろん、ここまで来るのには簡単なことはなく、音読パッケージを3000回行ったり、単語帳をボロボロになるまで使い込んだり、時には部屋から教室までの移動時間すら惜しく感じて、教室で寝たりしたこともありました。

ちなみに、帰国後受けたTOEICは250から710と文法的な知識もかなり上げることに成功しています。(一年半前)

 

 

 

自分の決断を肯定してくれた人達との出会い

 

留学には、何かしらの強い思いを持っている方が沢山集まっています。なので、皆んなが情熱的でこれまであった事ないような魅力的な人間だらけでした。

そんなある時、自分がなぜ英語を勉強しているかを話す機会がありました。

すると皆んなが自分の考えを肯定してくれたんです。日本にいた時では考えられなかった事です。

「好きな事を突き進んだ方がいい」

口を揃えて皆んなが言ってくれる訳です。

今まで自分はなんて狭い世界で生きていたんだと気付かされました。

 

 

What I wanna do

 

この時からやりたい事、好きな事に本気で挑戦したら人生がもっと面白くなるのでは?と思い始めました。

「ラグビー」「英語」「絵」これを仕事にしたいと思い始めたのはこの時からです。

 

それから一年半後の現在、シドニーでラグビーの仕事をする傍ら、ブログで英語について発信しつつ、自分の書いたイラストを販売する事がありがたいことに出来ています。

 

これもあの時に固定概念を捨てて、「英語を勉強しよう」とやりたい事に挑戦したおかげだと思います。

 

英語は誰にでも習得可能。

 

ここまで読んでくださり本当にありがとうございます。

とにかく、縛りを打ち破り「英語」を選んだことによって自分の人生は大きく変化しています。

そして、今まで勉強した事がない自分でも英語は習得する事ができました。

勿論、まだまだ完璧な英語ではないけれど、それでも自分の人生は大きく変化しています、

 

なので、英語は誰にでも習得可能です。
そして英語の学習は絶対に人生を変化させます。

 

英語に興味がある。成果が出ない。本当に話せるようになるか不安。留学に行きたい。人生を変えたい。
少しでもこう感じていたら絶対に英語は上手くなるし、人生ですら変化する訳です。

そうなる為の方法を自分が伝えます。

 

確かに英語の取得は決して簡単なものではありません。
しかし、正しい方法でしっかりと努力を積み重ねて継続すれば誰でも取得する事が出来ます。

 

くどいようですが、自分でも出来たので本当に誰でもできます。

 

これから英語に関して迷っている方の助けになる事ができればこんな嬉しいことはありません。

英語に関して何か迷っているならまずは一歩踏み出してみませんか。