スポンサーリンク


約半年留学した私がサウスピークの発音矯正の効果を徹底レビュー




こんにちは。

「安い」「近い」「マンツーマン」の3つが揃っているフィリピン留学は、日本人からとても人気が高くその需要はますます伸びています。

実は僕も英語に出会ったきっかけはフィリピン留学です。そして、約半年間の留学の末、英語が話せるようになしました。

平日は毎日10時間は英語の勉強をしていました。。。

現在は、シドニーの企業で働いたのち日本に帰国してラグビーのお仕事をしています。

ちなみに、留学していた場所はセブ島で、その島の「サウスピーク 」というとう語学学校でお世話になっていました。

カモノハシ
発音強制で有名なとこだよね?!
しょうり
そうだよ笑

スパルタのイメージが強いサウスピーク ですが、この発音強制もかなり有名です。

でっかく広告にも載っています。

英語をこれから勉強する上で発音にこだわる人が多い中、発音強制というレッスンを格安でパーソナル受講できるのは正直ありがたいお話ですよね。

しかし、中にはこのような懸念をされる方もらっしゃるのではないでしょうか。

ネイティブスピーカーに教わるならまだしも、そもそもフィリピン人に発音強制させることができるのかが不安、または本当にそのレッスンに効果はあるのか、訛りは移らないかなどなど、、

カモノハシ
なんかフィリピン訛りって聞いたことあるもん、、

そこで、今回は約半年間サウスピーク で留学した私の経験を元に発音強制のレッスンで本当に発音が劇的に改善されたのか、その効果を紹介します。

サウスピーク の発音強制の効果はいかに!?

結論とてつもなく満足のいく結果を得ることができました。

留学初期の私と比較すると英語の発音は圧倒的に改善されました。

成果

通じる英語を身につけた
リンキングや省略する箇所の理解、スピーキングの向上
発音を理解したことによるリスニング能力の向上
スラスラ音読ができ英語学習の効率化

このような効果を実際に獲得することができました。個人的にはvとbの発音ができるようになったことが非常に嬉しいです。 習得するのに非常に苦労したので笑

ちなみに私はセブ留学終了後、オーストラリアで現地の人に囲まれながら働いていました。しかし、現地の人に英語を聞き取ってもらえなかった経験はほぼありません。ですから自信を持って英語を話すことにも繋がりました。

しょうり
英語が通じる→聞ける→自信を持って話せる。まさに好循環!

また、今まで雑音にしか聞こえなかった英語が音として聞けるようにもなりました。

なので、サウスピーク の発音強制の授業はかなり効果的であったと言えます。

発音強制レッスンのここがナイスだった

では、そんな効果抜群のサウスピーク の発音強制はどこがナイスだったのか皆さんに紹介していきます。

先生が厳しいかつ日本人の苦手な発音を網羅している

スピーキング、英文作成、グループレッスン、など数ある授業のなかで発音強制が1番憂鬱であったのはここだけの話です。

「強制」なだけあってとにかく先生が厳しく発音を直してくれます。もちろん親身になってです。

ですから短期間でも効果が絶大なわけです。 

しょうり
あの厳しさがなければ絶対に短期間では到達不可能だった、、

また、先生自体が私たち日本人が苦手とする音を網羅しています。なので、ネイティブスピーカーから学ぶより効果的です。

 

日本語のテキストやプログラム

発音練習と言っても苦手な音はそのひとの母国語によって左右されます。ですから、日本人の苦手な部分をよく理解している教科書でレッスンを受けることができたのは非常に良い点でした。他にも、教科書が段階的に英語の発音の「重要ポイント」を1個ずつ抑えるように5段階くらいで構成されていました。

また、個人で短期間で発音を改善するのは非常に困難です。

一方で、サウスピーク では厳しい先生プラス教科書プラス独自のプログラムがあるため、誰でも短期間で私のように発音を強制することが可能です。

フィリピン人講師の訛りはどうなの?

セブ留学を検討すると必ず問題として出てくるのがフィリピン人講師の訛りについてです。

フィリピン訛りの英語になってしまうのでは?と心配するかと思います。また、そもそもネーティブスピーカーではないのに発音矯正をすることができるのかが疑問という方もいると思います。

結論から言いますと、訛りは移りませんし、発音もしっかりと矯正されます。

心配な方はこの記事を確認してみてください。

合わせて読みたい!

【暴露】退学?処分?サウスピークに5ヶ月留学した私が2chや口コミが事実か話します。

 

1週間の超短期留学でも発音強制の効果はあるのか

セブ留学の広告でよく目にするのは「1週間留学」です。

もちろんサウスピーク のプランにも1週間留学は存在しています。自分が留学をしていた期間も何人か超短期間の方がいました。

ですが、例えばそのような方達が発音強制を受けたとしても効果はあるのでしょうか。

私は効果があると考えま

その理由は以下の通りです。

超短期間でも効果があるわけ

・発音記号を実際の英語に触れながら記憶することができる
・きっかけをつかむことができる
・反復して学習することができる

ただ、これには条件が色々つきます。

超短期間で効果があるひとの条件

・英語初心者ではない。
・TOEIC450は欲しい
・発音強制に集中する
・英語への思い

これら3つは当てはまらないと、いくら留学したとは言っても、発音改善の効果は期待できないでしょう。

ただこれは1週間などの超短期での留学に限ってのお話です。僕は英語初心者の状態で留学に行きましたが、3ヶ月ほどで効果をしっかりと実感することができました。

発音を強制する必要はあるのだろうか

実は私、こんな記事を以前に書きました。

合わせて読みたい

完璧な英語発音の習得は日本人に不必要な理由

タイトルだけ見ると「え!?」となると思いますが、要は外国人のようになるのは不可能で、通じる発音を身につけよう!という記事になっています。

カモノハシ
すごく驚いたんだけど!!
しょうり
ごめんね笑

ただ、「外国人のようになるのは不可能」「英語は通じればいい」とは言ってもやはり、相手に英語で会話を聞いてもらうためには正しい発音を勉強する必要があります。

でなければ、「通じる英語」すら身につきません。

また、日本語とは違う英語独自の音を理解しなければ聞きとることもできません。英語初心者がネーティブスピーカーの英語が雑音に聞こえてしまうのは、発音のルールをしらないからです。

ですから、このことからも英語を音として理解できるようになる発音矯正には非常に意味があります。

サウスピーク の発音矯正は効果超絶あり

マンツーマンレッスン、段階ごとに1つ1つの音を学ぶプログラム、日本人の苦手な音を網羅している先生、ストイックな学習、このような環境がサウスピークには揃っています。

ですから、「英語の音がいつまでたっても聞き取れない」「相手に英語が通じない」「萎縮して話せない」といった問題を解決することができます。私もかつてこのような状態でした。しかし、発音をしっかり学び矯正したことで「通じる英語」を英語知識ゼロの状態から話せるようになりました。

以上のことから、サウスピークの発音矯正は効果があると考えます。

カモノハシ
頑張ったんだね!
しょうり
ありがとう笑

関連記事 サウスピークという語学学校で英会話もTOEICも爆伸びした話

本日の記事は以上です。

勝利でした。

 



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、英語を身につける為海外へ。3ヶ月間の予定でセブに留学。しかし留学先であった様々な人に刺激を受け、留学を2ヶ月間延長しさらに自分のやりたかったもう一つのことにチャレンジすることを決意。現在はシドニーでそのチャレンジをしています。