スポンサーリンク


フィリピン英語って通用するの?セブ留学後、シドニーで働いてみて感じた英語の訛りの影響とは




 

英語の需要が年々増加している現代において、留学は英語学習者に非常に人気な英語上達の手法の1つです。なぜなら、手っ取り早くスピーキングの強化ができるからです。

中でも、その留学先としてフィリピンは近年注目を浴びています。

カモノハシ
なんでなんで??

フィリピンでの学校教育は全て英語で行われているので、多くのフィリピン人が英語を巧みに話すことができます。そして、この国では「教師」を目指す方が多く、英語が上手なだけではなく教えることにも長けている方が多いです。また、物価が安いため他国では高額なマンツーマンレッスンを低価格で受けることができます。他にも日本から非常に近いです。

これらの理由からフィリピンは語学留学をするのに非常に人気な国です。

フィリピンが人気な理由

・英語が話せる
・教師を目指している人が多く、教えるのがうまい
・日本から近い
・物価が安く、費用を抑えて留学することができる
・マンツーマンレッスンを受けることができる

しょうり
あと国民性がとても穏やかでフレンドリー!

 

【訛り】フィリピン留学が懸念されるわけ

カモノハシ
さっき人気って言ってなかった??

そんなフィリピン留学ですが懸念される部分もあります。

それが「英語の訛り」です。

確かにフィリピン人は英語がうまいです。しかし、英語が第1言語ではないため母国語に影響を受けた独自の訛りがあります。要はネイティヴスピーカーではないのです。

カモノハシ
え、、変な訛り移ったらいやかもしれない。。。

ですから、「フィリピンに本当に語学留学しても大丈夫なのか」だとか「変な癖がついたらどうしよう」などの心配をする方が結構います。

そこでこの記事では、フィリピンの訛りが今後私たちが話す英語にどう影響するのか、フィリピン訛りの英語でも聞き取ってもらえるのか、そもそも英語の訛りとは、など「英語の訛り」を中心にフィリピン留学について自分の実体験をもとに紹介していきます。

果たして、語学留学をする際、英語の訛りを懸念する必要はあるのでしょうか。。。笑

フィリピン留学からオーストラリアの企業で働いた私が考えるフィリピン人の英語の訛りと英語初心者への影響

私は英語初心者の状態で非ネイティヴから英語を学び、その後ネイティと触れる機会が多くある環境で生活しました。では、そこで私の英語はどのくらい通じたのでしょうか。また、2019年8月の現段階で私の英語はどのくらい訛りが残った英語なのでしょうか。

ここでは日本人の特に、英語初心者が英語を話すことや留学に行くことを躊躇してしまう原因の1つである「訛り」について考えていきます。

フィリピン人の英語は訛っている

まず第1に、フィリピン人の英語は訛っています。

これは語学学校の先生にさえも言えることです。というより、第2言語として英語を学習した場合、少なからずその英語は母国語の影響を受けます。ですから、必ず訛った英語になるわけです。

ちなみに、「訛り」は厳密にいうとネイティヴスピーカーの中にも地域ごとに存在します。しかし、本記事での「訛り」は非ネイティヴスピーカーに見られる母国語の影響を受けた英語のアクセントのことを指します。

カモノハシ
でも、訛りと言ってもフィリピンはどのくらい訛っているの??

表作成

語学学校の先生は、「全員が海外で100%通じる英語」と5ヶ月間のセブ留学と1年間のシドニーで生活で感じました。

しかし、綺麗な発音の先生がいる一方でかなり訛った英語を話す先生がいたのも事実です。

ではそんなフィリピンの先生に英語を習うことで英語学習者にどのように影響するのでしょうか。

私の経験談から考察していきます。

 

 フィリピン留学に行くレベルの人たちが受ける訛りの影響


結論から言うと、影響はほぼないです。

カモノハシ
え、断定できないの??

と言うのも、彼らの発音を日常から真似ることを全力ですれば多少は影響が出るかもしれません。一方で、自習中にリスニング教材などをたくさん聞きこみ、そちらの方を真似しようとすれば、少なくともフィリピン訛りの英語が移ることはありません。

とはいえ、フィリピンの語学学校にいる先生の英語は明らかに世界に通用するレベルです。ですから仮に訛りが移ったところで英会話における問題はないと考えます。

それでも心配な人にもっといい事を教えましょう。

これまで英語を話したことがない方であれば、発音を矯正しない限り3ヶ月ほどの短期留学では日本語の訛りのままです。

しょうり
ちなみに僕は3ヶ月間、発音矯正を受け通じる英語の発音に改善してもらいました。それでもネイティヴの発音みたいにはなりませんでした。

合わせて読みたい!

効果は絶大!?フィリピンでの発音矯正を徹底レビュー

そもそも英語の訛りを気にする必要はあるの?

日本では、訛りを気にしてフィリピン留学やオーストラリアやニュージーランドでのワーホリなどを躊躇する方がよくいます。

実は私も以前はそのことを気にする1人でした。

しょうり
なんか風の噂でバカにされるって聞いたことがある、、

しかし、実際にフィリピンのセブ島で英語を学び、オーストラリアのシドニーで働いてみて思うのは訛った英語でも十分通じます。英語で会話ができます。仕事としても使えます。

完璧にこだわることは非常に重要です。
しかし、そのせいで英語初心者が「訛り」を気にして英語を話すことや留学することに躊躇するのは勿体無さすぎます。

言語に関しては完璧になってから使うのではなく、未完成ながらも実践を交えながら完璧を目指しましょう。

しょうり
それが本当に英語上達の近道ですよ!!

フィリピン留学後、1年間オーストラリアでネイティブと働いていた感想

 

前節で紹介した通り、私はフィリピンのセブ島にて5ヶ月間の語学留学をした後に、オーストラリアのシドニーで働いていました。また、現地のスポーツチームにも入団しラグビーをプレーしていました。

ただ、その時点で私の英語は日本語訛りがまだまだ残った英語でした。正直自分でも私の英語がネイティヴの方々に通じるのか不安でした。

結局、全然通じました。

しょうり
訛っていても通じました!

そこで、自分の英語に「恥ずかしい」「話したくない」といった感情が消えました。

この経験からもたとえフィリピン留学で英語を学んでも、海外で通じる英語を身につけれるということがわかります。

 

日本人が異常に毛嫌いする英語の訛りについて考えてみる

英語の訛りとはそのひとの個性という考え方

オーストラリアでは、少なくとも10カ国以上の人々と英語で会話してきましたが、自分の訛りを気にしている人はいませんでした。

また、私が住んでいたシェアハウスでは自分の英語の訛りの特徴を教えたり、みんなで比較しあったりしました。

ですから英語の訛り、レベルに関係なく自分の現在話すことができる英語を精一杯話しましょう!

カモノハシ
英語の訛りは個性であり、恥ずかしがるものではないんだね!

完璧な英語ではなくともネイティブと働いていた人たち

私がオーストラリアであった中国人のおばちゃんのお話をしましょう。

彼女はかなり中国訛りの英語を話します。おそらく、英語初心者の方が聞いてもかなり違和感を感じるくらい、訛っています。しかし彼女の勤務先はオーストラリアの医療メーカーで、そこでバリバリ働いています。

何が言いたいかと言うと、英会話において、「訛りをとること」はプライオリティが低いということです。

英語上達のPoint!

・英語を話す上で「訛り」を改善することの優先度は低い
・現在の英語力で精一杯話す
・はっきり話す
・アクセントをつける

実際の成果は?半年間のフィリピン留学を振り返る

 私のフィリピン留学の成果

ここまで、「訛り」についての懸念や心配を払うための事実を述べてきましたが、実際のところフィリピン留学はどのくらいの効果があるのでしょうか。

私が5ヶ月のフィリピンのセブ留学でえた成果は以下の通りです。

フィリピン留学の成果
・完全英語初心者から英語が話せるように
後にオーストラリアの企業で働くきっかけに
・TOEIC250点から700点
現在は800点越え

数字的にも成果を挙げていることがわかります。英語初心者がここまで英語力を伸ばすことができたのですから、フィリピン留学はかなり効果があると言えます。

英語を学ぶためにフィリピン留学という選択はどのくらいおすすめか

私の経験上、フィリピン留学はあなたの英語のレベルを問わず誰にでもオススメすることができます。

英語が身につくことは勿論、英語に集中できる環境、安い、英語に真剣な仲間を作ることができるなど、さまざまなメリットがあります。

実際、英語初心者であった自分が英語が話せるようになったのもフィリピン留学がきっかけです。

合わせて読みたい!

フィリピンの語学学校で英会話もTOEICも爆伸びしたお話

合わせて読みたい!

1日10時間以上毎日勉強した私のスケジュール

英語の訛りは個性。フィリピン留学の効果は抜群だ!

第2言語として英語を学ぶと必ず、母国語の影響を英語になります。しかし、その英語はまったく恥ずかしいものではありません。

第2章でも述べた通り、英語の訛りは国の個性そのものなのです。

また、フィリピン訛りの英語が移ることを懸念している人もいます。しかし心配ご無用です。まず、訛りはそう簡単に移りません。そして、移ったとしてもフィリピン人の英語は世界に通用するわけですから、問題がありません。

ですから、英語を習得するとき「訛り」は気にせず取り組んでください!

 

本日の記事は以上です。

Shoriでした。

 



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、英語を身につける為海外へ。3ヶ月間の予定でセブに留学。しかし留学先であった様々な人に刺激を受け、留学を2ヶ月間延長しさらに自分のやりたかったもう一つのことにチャレンジすることを決意。現在はシドニーでそのチャレンジをしています。