スポンサーリンク


【徹底比較】 THE スマホ留学!低価格で最高の英語の教科書を手に入れよう!!




こんにちは!

前回の記事では、英語学習においた俗説は実際にはあっているのかどうかを自分の経験をもとに話しました。その中で、「海外ドラマなどは英語学習にてきめんかどうか」を取り上げました。

結論として、海外ドラマや映画は英語を学習する上で素晴らしい教科書となります!

特に!!!

最近では、動画配信サービスの発達によってそれらは最高の英語の教科書となりつつあると思います。まさにスマホで留学ですね!笑

なぜなら実際に英語で会話をしなくても人間の表情や状況を目で見て英語を聞くことができるので、

1.生きた英語に触れることができる
2.状況や使う場面を知ることができる
3.楽しい!!!!(普通の学習に比較したら、、、笑)
また、これらのサービスには字幕もつくのでより英語学習に最適です!

以下は各「動画配信サービス」の比較です

この表を見ると、Netflixが総合的に動画配信での英語学習に適していると言えるのではないでしょうか。

実際に動画配信サービスを使ってスマホ留学をスマホしてみよう!

オススメは中身を知っているものから

自分が過去に見た作品や好きなものであればわからない英語を聞いたとしてもその意味がなんとなく理解することができます。その上聞き取れない場所は字幕機能をオンにして視聴することにより、セリフの意味を通常よりも理解することができます。そのため、ストレスを初めから抑えて英語学習をすることができます。
実際、自分は小さい頃に何度も見たアニメの英語の吹き替えで英語学習をしています。「あのセリフは英語だとこうだったのか!!」といつも刺激され楽しくて飽きません。全ての英語学習でもそうなのですが、勿論動画配信での英語学習も何度も繰り返してやるのが大前堤です。

何度も繰り返す上で効率よく英語学習するコツ

作品一つづつを最初から最後まで繰り返す見るのもとても勉強になります。しかし、一つのシーンを繰り返して見ることも英語学習における効果があります。自分はNetflixを使用しているのですが、この動画配信サービスには10秒間巻き戻せる機能がるので、聞いたセリフでからショートセンテンスでシャドーイングすることができ、他にも発音やアクセントの練習に最適です。またこの時に感情を込めて真似するとなお良いです!

スマホ留学の落とし穴?実は全ての海外ドラマや英語が英語学習に向いているわけではない

自分は今までに英語の勉強をするためにたくさんの海外ドラマや英語を見てきました。しかし、あまりにも内容の専門性が高度であると、難しすぎる単語がたくさん頻出するので動画を題材にして勉強するのにも注意が必要です。日本語で聞いても少し難しい言葉が出てきているものはなるべく避けるようにしましょう。

英語学習に最適な海外ドラマや映画は?

ズバリ、日常表現がたくさん頻出するものがいいです!鉄板どころを紹介するとすれば海外ドラマであれば「フレンズ」や「フルハウス」海外映画であれば「ホームアローン」などがオススメです。これらは、リアルな日常表現が使われているのでフレーズとして覚えるのもいいかもしれません。一日たった一個のフレーズを覚えるだけでも覚えないより断然に自分の英語レベルは上がります。

また自分の職業や取り組んでいることに関連した作品を見るのも一つの手です。下記に簡単にまとめてみたのでもし当てはまるものがあれば是非参考に!!


事務職   アグリーベティ
・ファッション誌の編集長アシスタントに採用されたベティのお話

飲食    幸せのレシピ
・調理の仕方や食材の名前が頻繁に出ます。料理長の女の人が主人公

法務    スーツ
・法律事務所を舞台に、凄腕弁護士と相棒となる天才青年が活躍人気ドラマ。

エディター プラダを着た悪魔
・主人公が人気ファッション誌のカリスマ編集長の難題に振り回される

エンジニア シリコンバルー
・若きプログラマーの成長を描くコメディ。

金融業   ウルフオブウォールストリート
・ウォール街で大成功を収めた男の栄枯盛衰を描いたもの


参考書や本と比較して、動画での英語学習は映像を見ながらですので本当に飽きませんし、リアルな表現がたくさん含まれているので刺激の連続です!
例え繰り返さないで動画を見たとしても耳は音に慣れてきます。ですので、見ないよりかは確実に進歩します。また人物の表情や、その国の習慣に簡単に触れることもできるのも動画ならではの利点です。ですので是非動画で英語学習して見てはいかがでしょうか!

本日の記事は以上です。

いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

勝利でした。

スポンサードリンク 




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、英語を身につける為海外へ。3ヶ月間の予定でセブに留学。しかし留学先であった様々な人に刺激を受け、留学を2ヶ月間延長しさらに自分のやりたかったもう一つのことにチャレンジすることを決意。現在はシドニーでそのチャレンジをしています。